金沢で買いたい!バレンタイン商品6選

こんにちは。いしかわ観光特使のやすかです。

バレンタインが近づいてきましたね。デパートではバレンタインの催事が行われています。
自分へのご褒美としてチョコを買う女性も多いのでは?!

和菓子店が多い金沢。 老舗の和菓子屋さんやでもこの時期チョコを取り扱っていることも。
どんなバレンタイン商品を販売しているのか、気になったので調べてみました。

甘くないギフトもありましたよ。
それではどうぞ!

うら田「チョコ大福」2/16まで

View this post on Instagram

とろりと広がる至福の時間。 うら田の特製求肥でなめらかなチョコ餡を包み、ココアパウダーを優しく振りかけました。 ほどける幾重もの味わいをお楽しみください。 📆2020年2月16日(日)まで🎁ギフト対応可 #和心きもち #チョコ大福 #リキュール入り大福 #kanazawasweets 創業1936年 金沢うら田 ●御影店 076-243-1719 ●金沢駅(あんと内)076-260-3774 ●八日市出町店 076-214-3554 ●オンライン https://urata-k-store.shop-pro.jp/ ◆ー◆ー◆ー◆ー◆ー◆ー◆ー◆ー◆ 菓子の都に生まれました。 京都と金沢は似て非なる。 公家文化を色濃く残す京の都に対して、 このまちは加賀藩の武家文化を根っこに宿す。 武士の品格のただよう町人文化が金沢にはある。 文化を飾り祀るのではなく、 文化を日常のものとして使う町人たちがいる。 金沢は、ゆえに大仰ではない。 無垢で、素朴で、こまやかで、愛らしい。 敷かれた気品の中に、そっと愛嬌を滲ませる。 そのあり様は、菓子ひとつに顕れている。 金沢の菓子は、伝統と現代を同居させるように、 品格と愛嬌というものを共存させる。 金沢の文化の為せる所作と思う。 金沢を“菓子の都”と自負する所以である。 #金沢うら田 #うら田 #浦田甘陽堂 #加賀八幡起上もなか #起上もなか #愛香菓 #金の麦 #箔の音 #さい川 #栗天真 #こい茶 #生姜サブレ #和風シュー #なごみ風 #kanazawa #金沢 #和菓子 #金沢土産 #金沢旅行 #女子旅 #金沢観光 #金沢市 #金沢和菓子 #バレンタイン #義理チョコ #チョコ餡

A post shared by 金沢 うら田 (@urata_kanyoudo) on

加賀八幡起上もなかで有名なうら田。
2月16日まで販売されている「チョコ大福」。
特性の求肥がどれくらい柔らかいか、一度食べてみたいですね。

茶菓工房たろう バレンタイン限定「チョコ窓」

小豆羊羹とチョコが口の中で一緒になるとどんな味になるのか、気になります。
直営店でしか買えないレアなチョコ。限定50箱なので予約がおススメです。

森八のバレンタイン最中

チョコ餡を5種類のバリエーションで楽しめる一品。チョコでも味が違うので、飽きないですね。

小さいサイズなので、すぐになくなりそう。

上生菓子でもバレンタインを表現!

 

柴舟小出のバレンタインは生チョコ大福「さくら」

柴舟小出さんは、生チョコ大福。こちらも和菓子とチョコがどんなハーモニーになっているのか、気になるところ。

まめや萬久「ソイショコラ」

大豆にチョコをコーティングしているのですが、ソイショコラというネーミングが新しい。
そのままなのですが…。

大豆自体が甘くないので、甘すぎないシンプル感がいいですね。

パッケージは九谷焼の絵付けをしてる職人さんが描いているので、レア感あり。

アジアごはんとおはぎ善のバレンタイン限定おはぎ

替わり種として、「おはぎ」はいかがですか?
2/12~14の3日間限定販売です。
オレンジとチョコレートの相性は承知の上。
おはぎとどんなコラボになるのでしょうか。
 
気になりますね。

不室屋のハート型「宝の麩」コンソメスープは、甘くないバレンタインギフトに

不室屋さんはお吸い物やお味噌汁が多いですが、ハートの宝の麩は、コンソメ味。
甘いのが苦手な人にはぴったり。日持ちもするのがいいところですね。

こちら、ばら売りはしておらず、箱売りのみです。

まとめ

いかがでしたか?和の要素も織り交ぜながらバレンタインを楽しめますね。
チョコを餡にするという発想は、長年和菓子を作っているから生まれる発想ですね。

食べてみる機会があったら、感想を教えてくださいませ。

投稿者プロフィール

アバター
yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。

この記事を書いた人

アバター

yasukatakai

石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。