ちゃんこビーバー 炎鵬監修のピリ辛塩バター味 新発売 お味は?

炎鵬監修のピリ辛塩バター風味が北陸製菓から、9月6日に発売されました。



こちら、コンビニで発見!
石川県出身の力士、炎鵬が監修した、ピリ辛塩バター風味のちゃんこビーバーです。



炎鵬の化粧まわしには、我らがビーバーが!!
2020年から北陸製菓さんが寄贈した化粧まわしを使っています。

ビーバーとは

北陸製菓は販売しているもち米を使ったお菓子です。
北陸産のもち米使用。

ビーバーと命名されたきっかけは1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形を歯とお菓子を2つ並べた形が似ていたので名付けられたそうです。

こちらのビーバー元々は、福屋製菓というメーカーが作っていたのですが、 経営破綻。
北陸製菓が2014年から受け継ぎ、販売しています。

北陸製菓は1918(大正7)年、日本あられ株式会社として石川県産のもち米を原料にしたあられの生産を始め、以来90年以上にわたってビスケットや米菓の製造を行っている。「皆を笑顔にする菓子を作り、菓子文化を次世代に継承していくこと」を使命とし、今回「地元の食文化を守りたい」と販売を決めた。

金沢経済新聞. (2014年8月26日) 2019年10月12日

炎鵬の化粧まわしに注目

なんでも、北陸製菓の社長と炎鵬は同じ中学校で、炎鵬のお兄さんと同級生だそうです😲

ちゃんこビーバーのお味は?

今回の味は、しっかり辛いので、大人向けです。

残念ながら、日本相撲協会の発表によると、炎鵬が所属する宮城野部屋で新型コロナウイルス感染者が相次いだため、横綱の白鵬を含む所属力士全員が秋場所は休場となるそうです。

仕方ないけど悲しい😭

投稿者プロフィール

yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。

この記事を書いた人

yasukatakai

石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。