新小松イオンのフードコートで母1人子ども3人とランチ

こんにちは。たかいやすかです。子ども3人を連れて外食行くと、食べるものから揉めます。

そんなときはフードコートがおすすめ。注文する順番等もコツがあります。

<本日の参加者>
・小6女子 ・小3女子 ・6歳年長男子 ・母

小松イオンのフードコート情報

小松イオン 石川県小松市清六町315番地 
フードコートは「Food Forest」と呼ばれ、2階にあります。
日之出町側、駐車場はBエリアに停めると便利です。

お店のラインナップ

  • 揚げ天まる(天丼)
  • 王記厨房(中華)
  • 讃岐うどんの心 つるさく(うどん)
  • サーティワンアイスクリーム(アイス)
  • 築地銀だこ(たこ焼き)
  • デザート王国(クレープ・アイス)
  • 8番らーめんエクスプレス(ラーメン)
  • ペッパーランチ(ステーキ)
  • 三角屋(とんかつ)
  • リンガーハット(ちゃんぽん)
  • ロッテリア(ハンバーガー)
  • ローストビーフ 星(ローストビーフ丼)

まずは席の確保

最初に席を確保します。
なるべく全体が見渡せる場所がいいので、小松イオンでは、お店が並ぶところとは反対側、スクリーンがあるエリアを選びます。

こうすると子どもが並んでいるのも確認できます。
そして貴重品以外の荷物を置いて、何を食べるかをぐるっと回って考えます。

食べるものが決まって注文する

注文する順番は、
1.6歳年長男子 → 2.小3女子 →3.小6女子 → 4.母

今回は献立は・・・
6歳年長男子 と 小3女子 はラーメン
小6女子 は ハンバーガー 
母 は うどん

という訳で、
1.小6女子席に待機、母と6歳年長男子、小3女子が一緒に最初にラーメン注文をする
2.席に戻り、ラーメン待っている間に小6女子にはお金を渡して自分で注文
3.ラーメン完成、母が受け取り、席に戻る
4.小6女子のハンバーガー持って席に戻る
5.3人食事中に母がうどん注文してすぐに受け取り席に戻る
という流れにしました。


小3はまだラーメンは熱くて重くて持てません。そこは母が受取しなくてはいけませんが、
姉小6と同じハンバーガーを希望した場合は、姉にお金を渡して2人分購入してもらいます。
ハンバーガセットは袋に詰めてありるので、小3女でも気を付けるなら運べると思いますが、心配なら付き添ってあげましょう。

子どもがもっと小さいときは、全部同じお店で注文して、おぼん2つを順番に運ぶということもしていました。
そのときの席は、注文する店から一番近い席をなるべく取るようにしていました。
休日は避けて、長期休みの平日か、幼稚園の午前保育のときなどです。

8番らーめんを注文(6歳年長・小3女子)

小松イオンのフードコートの8番らーめんはエクスプレスと付いており、普通の8番らーめんと少しメニューが違います。

ラーメンにとんこつ味がありません!

メニューには、醤油、塩、味噌しかありませんが、バターは言えば乗せてくれました。

お子さまメニューも違います。

・ポテトがつく「お子さまセット」がありません。枝豆がつきます
・ジュースがメロンソーダ、ウーロン茶など選べます

ポテトが食べたい場合は、別途注文です。

ロッテリアでハンバーガーを注文(小6女子)

長女にはお金を渡して買いに行ってもらいました。
ジュースは炭酸が多く、オレンジジュースとウーロン茶が炭酸なし。

運ぶときのジュースさえ気をつければ、問題なし。

讃岐うどんの心 つるさく でうどんを注文(母)

母はうどん屋さんに行きました。ここは、最初におぼんを取り、てんぷら、おにぎりかお稲荷さんを選び、うどんを注文します。

お会計と同時にうどんが出来上がってくるので、すぐにうどんを席まで持ち帰れる点でも、時間がかからないので、席で子どもたちだけにしておく時間も最小限に抑えられます。

夏は暑いので、サラダうどんにしました。

こんな形でフードコートでは食事をしています。

投稿者プロフィール

アバター
yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。

この記事を書いた人

アバター

yasukatakai

石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。