鍋の美味しい季節には、とり野菜みそ!石川県のソウルフード

石川県金沢市在住
いしかわ観光特使、
金沢おみやげコンシェルジュ、
たかいやすかです。

だんだんとお鍋が恋しい季節になってきました。

石川県でお鍋と言えば、「とり野菜みそ」!
このとり野菜みそをご紹介します。

とり野菜みそって何?


とり野菜みそは、人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介されて、一躍全国的にも知られるようになりました。

石川県の食品メーカー「まつや」が販売している、味噌を基本とした調味味噌です。
石川県に住む人にはとても馴染みのあるものでお鍋の素として使われています。中には、魚や肉を漬ける人もいるそうです。

使い切りタイプでずっと愛されてきましたが、味が薄くなったときの調整ができないという要望から、チューブタイプも登場しています。

とり野菜みその「とり」は鶏肉のとりではなく、野菜をたくさん「摂る」といういみの「とり」になっています。

 

使い方と保管方法


旦那様の実家では、鍋と言えばみそ味!そして、とり野菜みそ!でした。

お鍋にみそを入れ、水に溶いて、野菜と肉を入れて煮立たせると完成です。
お肉は、豚、とり、牛、なんでも合いますが、我が家は鶏が多かったです。
野菜は、キャベツ、白菜、もやし、にんじん、大根…。
味噌汁の具になるものは全部大丈夫!!という感覚でなんでも入れていました。
こんにゃくや白滝は子どもに人気です。

テーブルの上でガスコンロやITコンロが出せないときは、台所で作ってから食卓に持っていくという方法をとっていました。

シメはうどんが多かったですが、雑炊も美味しいです。

保存方法は常温でもいいのですが、2ヶ月以上置いておくと、お味噌なので発酵が進み、味が変わります。
そんなときは、冷凍保存しておくと、味噌の発酵が遅くなるので、冬のシーズン持ちますよ。

とり野菜みそはお土産にもぴったり


箱で販売されているので、まとめ買いもできます。
年末年始の帰省のときは、箱買いをして、配ると喜ばれます。

  • 日持ちする
  • お鍋がすぐできる
  • 持ち運びにスペースを取らない

この3点を兼ね備えているお土産は、なかなかないのです!
和菓子は日持ちしないものも多く、包装もしっかりしていてるので、この手のお土産は助かります。

最後に…

鍋の素としては、食べやすい味で、使いやすいサイズ。
個人的は大好きです!

このとり野菜みその魅力を、もっともっと知って欲しいなと思います。

投稿者プロフィール

yasukatakai
yasukatakai
2016年~いしかわ観光特使。
子供3人(女女男)と私は金沢市に定住。
フリーのライターしてます。
相川七瀬ファン。
元転勤族(実家横浜→北九州→札幌→金沢)。
県外から移住して人と繋がりたい。
石川県の観光や食べ物、お土産の執筆可。

この記事を書いた人

アバター

yasukatakai

2016年~いしかわ観光特使。
子供3人(女女男)と私は金沢市に定住。
フリーのライターしてます。
相川七瀬ファン。
元転勤族(実家横浜→北九州→札幌→金沢)。
県外から移住して人と繋がりたい。
石川県の観光や食べ物、お土産の執筆可。