スポンサーリンク

金沢のひな祭りには、金花糖が定番!その由来とは?

金沢生活

こんにちは。いしかわ観光特使のやすかです。

先週あったひな祭り。
金沢では【金花糖(きんかとう)】が店頭で販売されていました。

金花糖とは、江戸時代発祥で駄菓子の原点となる砂糖菓子です。
結婚の引出物や節句のお祝いに使われ、昭和の初め頃には定番の駄菓子となっていました。

しかし、今はでは一部の地域でしか見られなくなっています。ぜひとも残していきたい文化です!
砂糖でできたお菓子なので、食べるには甘すぎると心配していましたが、安心してください!

そんなときは、砕いて料理に使えるのです。

ひな祭り用のおまんじゅうも販売されてました。金沢らしいですね。

2016年~いしかわ観光特使。
子供3人(女女男)と私は金沢市に定住。
パートでライターしてます。
相川七瀬ファン。
元転勤族(実家横浜→北九州→札幌→金沢)。
県外から移住して人と繋がりたい。
石川県の観光や食べ物、お土産の執筆可。

yasukatakaiをフォローする
スポンサーリンク
金沢生活
シェアする
yasukatakaiをフォローする
金沢いしかわ応援団!

コメント