金沢駅の「郵太郎」って何者?年齢は?金沢駅構内のどこにいるかを解説!

こんにちは。いしかわ観光特使のやすかです。
金沢駅の西口にある変わったポスト、見たことありますか?
赤くないポスト。大理石のようですが、ポストです。

郵太郎はどこにいるの?

郵太郎は、金沢駅の鼓門がある出口とは反対側の西口にあります。外に出る手前のところに鎮座しています。

名前も書いてありますが、「郵太郎」です。

郵太郎の年齢とその歴史とは?

お年はなんと、2020年には66歳!!

 「郵太郎」は1954(昭和29)年4月、日本国有鉄道金沢駅舎の落成を記念に設置された陶器製の人形。金沢の伝統工芸を代表する加賀人形をモチーフに、金沢出身の彫刻家・長谷川八十さんが製作した人形が郵便ポストの上に乗っている。設置以来、同駅の東口(現兼六園口)と西口(現金沢港口)を行ったり来たりしながら、駅の移り変わりと駅利用者を見守ってきた。

金沢経済新聞より引用

金沢駅が完成した1954(昭和29)年から、ずっと金沢駅を見守ってきた重鎮なのです。
2015年3月9日に新幹線開業と共にリニューアルした郵太郎。

加賀人形をかたどったキャラクターへと成長を遂げたそうです。
着ている服にも所以がありそうなので、調べておきます。

yutarou_kanazawa-station


北陸新幹線の開業に合わせて、金沢中央郵便局がキャラクター化して今では着ぐるみの郵太郎が郵便局のPR活動をしています。

オフィシャルサイトには、プロフィールもありました。一度ご覧あれ!

呼び名:ゆうたろう
身長:ひみつ
体重:ひみつ
年齢:61さい
お友達:ししくん、はとくん
目標とする人:ひゃくまんさん
趣味:獅子舞
口癖:手紙書きまっしー
好きな食べ物:加賀野菜、治部煮
好きな場所:ポストの上
夢:新幹線で全国の郵便局に遊びに行くこと

郵太郎オフィシャルサイトより引用

オフィシャルサイトはこちらです。

2020年、郵太郎お引っ越し

なんと、2020年、寒い1月にお外に引っ越しされることになりました。

完成した様子は後日写真撮ってきますね。

郵太郎、これからどうなる

これからも金沢駅で鎮座する、郵太郎。見守っていきたいと思います。

投稿者プロフィール

アバター
yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。

この記事を書いた人

アバター

yasukatakai

石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。