こんにちは。いしかわ観光特使のやすかです。

東茶屋街になんと、日本酒とシャンパンに合う和菓子を販売しているお店がありました!
金澤ひがし 菓舗 Kazu Nakashimaです。

和菓子職人のる中島 一さんの和菓子屋です。 テーマは【生きている和菓子】。

【我が子のように作った生きている和菓子】
◇上生菓子を中心に毎日新しい商品をご用意
◇塩気の利いた和菓子はお酒との相性もぴったり

HPより引用

お店で、和菓子もいただけます。
入り口はこじんまりしていますが、中に入っていくと、奥に広い造りになっていました。
お菓子が陳列されている横を通り、カウンターを通過すると、その奥には古い蔵が!
なんと、お茶をいただけるお席は、蔵を改装したスペースなのです。

和菓子を通した様々なアプローチを追求しているこのお店、気になるのは、お酒にある和菓子。

お酒好きとしては、一度食べておきたい一品。行ったときは、もちろん車だったので、お持ち帰りしました。

日本酒に合う黒く光沢のある和菓子をお持ち帰り。

最初は甘いかな、と思った瞬間に山椒の香りが口から鼻に向かって突き抜けていきます。マスカルポーネチーズ餡が
また控えめに山椒を引き立てていました。
甘いイメージの和菓子、新しい世界を垣間見せていただきました。お酒に合う和菓子、おすすめです。

他にも、果物を丸ごと入れて大福にしています。

ルビーロマンという品種のぶどうが丸ごと入った大福は、夏の季節限定です。

蔵でいただいた、お茶と和菓子も最高に美味しかったです。

お店のHPはこちらです。
https://kazunakashima.gorp.jp/

また行きたい~。

投稿者プロフィール

アバター
yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。