氷室饅頭(まんじゅう) 越山甘清堂とたろうを食べ比べ【2018】

こんにちは、いしかわ観光特使のやすかです。
毎年いろんな和菓子屋さんが出す「氷室饅頭」。

なんと2019年は食べ損ねました。
大失態です💦

2018年の記録では、「越山甘清堂」と「たろう」さんの氷室饅頭(まんじゅう)をいただきました。

金沢の人が絶対に最初にすすめる氷室饅頭のお店は【越山甘清堂】

昔ながらの酒種を使った酒万頭を販売している『越山甘清堂』さん。
越山甘清堂さんでは、白・赤・青の三色の酒万頭を販売しています。
この氷室万頭は、米麹を使用した伝統的な製法で作られていますよ。

氷室万頭販売期間…6/25(日)~7/2(日)※2017年度
氷室万頭…1個130円(税抜)
氷室万頭の色…白・赤・緑
味…全てこし餡
(贈答用)10個入り…1,512円~
(自宅用) 5個入り…702円~

越山甘清堂さんの氷室万頭、買っている人、多いですね!
ちなみに、毎年恒例となっている、7/10と11限定で塩氷室万頭を1個152円で販売していますよ。
※越山甘清堂さんでは、「氷室万頭」という表記だったので、合わせています。※

氷室饅頭ではなく、酒饅頭として販売。色も餡も3種類ありました【たろう】

緑が粒あん、白が黒こしあん、赤が白みそあん。白みそあんは珍しいです。
この微妙な違いから、全部買ってしまう私…。

たろうさんの酒まんじゅうの皮には、大吟醸の酒粕が入っています。
酒粕だけど、甘さを感じますが、お酒の匂いは柔らかく子どもたちは気にならなかったようです。

茶菓工房 たろう弥生店

茶菓工房 たろう
金沢市弥生2-9-15
電話 076-213-7233
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日

氷室饅頭食べたくなりましたか?

いかがでしたか?和菓子屋さんによって、作り方や素材も違うので食べ比べが楽しいです。
ただ、1日に5個も6個も食べられないので、今年はもっとしっかり計画的に氷室まんじゅうを買いたいと思います。

氷室饅頭は、昔は嫁ぎ先に送るという習慣がありました。
しかし、賞味期限がとても短いため、電話かFAXで受付しているところが多いので、お店に問い合わせてくださいね。

年によっては平日なのですが、2018年は日曜日。
2019年月曜日だったのか。
2020年はうるう年で水曜日。
     
氷室の日の当日は、混み合いますので予約をおすすめします。
 
7月1日は「氷室の日」。無病息災を祈って、氷室饅頭を食べましょう!

 

こちらもご覧ください

投稿者プロフィール

アバター
yasukatakai
石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。

この記事を書いた人

アバター

yasukatakai

石川・金沢魅力発信ライター。いしかわ観光特使。夫の出身地の金沢市に定住したが夫は単身赴任。元転勤族。ライター経歴はブログへ。HPやSNSの管理などの仕事しています。